2013年09月13日

障害を持って・・・

20年以上も前の話です。
当時私が勤めさせて頂いた企業様での話です。
当時はカーナビの全盛期でした。
私が入った企業様はそんなカーナビやらECU(エンジンコントローラ)の設計をメインにした開発型企業
そこで私はそんなECUのパターン設計を担当していました。
初めはパターン設計のパの字も解らない私です。
最初は興味を持って色んな仕事をしました。
でもある日を境に何か支持を出している言葉に違和感が・・・・
そうです彼は何も知らなかったのです。
だから聞いた答えに対して即答はおろか聞いて居る事と丸っきり違う答えが・・・・
答えを答える事さえも最後には出来なくていつも聞いた事に対して答えを聞かない所か全然ちぐはぐの答えを答える始末・・・・
そんなある日急ぎの仕事が入って来ました
その仕事が以前から書いているMS病(多発性硬化症)の元となった仕事なのです。
このMS病(多発性硬化症)と言う病気になったのは20代の頃に入社した会社で無理だと言う仕事をやらされて何と3ヶ月の間徹夜
前の奥さんは遊んで帰らないと思って居るし・・・・
好きでやった仕事でも無いのに
これをやって喜んだのは当時の上司だけ
でも今でも思い出します
病院から退院した私を囲んで退職届にサインをさせたのを
病気で頭がボーットしているのに・・・
未だ障害者の認定は取れてないと言うか医者が片足が不自由な位だと障害認定は出せないと言うので取れて居ません。
確かに本当に不自由な方も居るので余り強くは言えませんでしたが・・・・
私は言いたい
この仕事のせいで人生の大半の物を失ってしまったと
金額にすれば億の物です。
全くふざけてるとしか言えません。
ボートした頭の中で未だに残っているあの時の皆の表情
そして声が・・・
posted by Toshi at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。