2013年01月12日

風が吹けば桶屋が儲かる的ビジネスです

何か余り問い合わせも無いので何でこれで儲かるのかを説明致します。
儲かると言う事だけを考えるのであればそれこそ北朝鮮が行って要る罌粟のみを作って売ればいいのですがこれでは人類が崩壊してしまい本末転倒と言う事に
表題にも書いた通りこのビジネスは「風が吹けば桶屋が儲かる」と言った感じの物なのです。
何故か?
タダこれには1つ注意する事が有ります。
それは欲しがる人が居ると言う前提が無いといけないと言う事です。
コチラを見てもお判りの通り現在日本では痴ほう症患者が200万人以上おりその数は増加傾向に有ります。
このまま行けば203X年には300万人の患者が・・・・
この患者の数こそ減りませんが進行を遅らせる事が出来るなら・・・
又、これが幼い子供の声ならどうなるでしょうか?
生まれた直ぐから人様の役に立ちお金を僅かでも稼げるとなれば皆さん子供を産みたいと思うかと思われます。
子供を産まないのは子供が苦労するかも知れないと言う不安が有るからなのです。
皆さん本能的には子供が欲しい筈でなんです。
現在有る企業様に協力要請を出しておりこの企業様から返答が来ればGoサインが出せますので今暫くお待ちください。
posted by Toshi at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。